トップページ > 構造・端柄材の名称
構造・端柄材の名称

木造軸組み工法をひとつの例をして、名称をわかりやすく図解でご覧になれます。

構造・端柄材の名称
  • 軒桁(のきげた) 垂木を受ける横材
  • 棟木(むなぎ) 屋根の骨組みで一番高い部分
  • 母屋(もや) 屋根を支え垂木を受ける
  • 小屋塚(こやづか) 梁の上に立ち、母屋を支える
  • 垂木(たるき) 棟木・母屋・軒桁の上に渡して屋根の下地を支える
  • 小屋梁(こやはり) 梁の上に立ち、母屋を支える
  • 筋交い(すじかい) 柱・梁・胴差し・桁の間に斜めに入った木材。耐震性を高める効果も
  • 間柱(まばしら) 壁をつくるための垂直な柱
  • 梁(はり) 柱で支えられている横材
  • 胴差し(どうざし) 軸組を構成する部材。1Fと2Fの境の床の位置にもあたる部材
  • 管柱(くたばしら) 胴差しや桁などで区切られた柱通し柱とは異なる
  • 根太(ねだ) 大引のうえにある部材主に床材を支える
  • 大引(おおびき) 根太を支える部分
  • 土台(どだい) 基礎の上にのった横材建物全体の重さを支える
  • 束石(つかいし) 床束を支える。石やコンクリートでできている基礎の部分
  • 床束(ゆかづか) 床を支え大引を支える部分
  • 基礎(きそ) 地盤の上につくられ、建物全体を支える部分